ブレイクスルー賞について

2012年から始まったブレイクスルー賞は、数学・基礎物理学・生命科学の3つの分野における国際的な学術賞です。各賞とも総額300万ドルが授与されます。これは、1901年に始まったノーベル賞の倍以上の賞金です。

グーグルの創業者のセルゲイ・ブリン、フェイスブックの創業者であるザッカーバーグ夫妻、アリババの創業者ジャック・マーもスポンサーとなっています。ブレイクスルー賞を受賞するような最高の頭脳の持ち主は、少なくとも金融業界でトップクラスのプレイヤー並みの経済的な見返りがあるべきだと賞金額を決めたそうです。

先日、カリフォルニア州で行われたブレイクスルー賞の授賞式には、ザッカーバーグ夫妻らも参加し、ブラックホールの輪郭の撮影に初めて成功した国際研究チームに基礎物理学ブレイクスルー賞が授与されました。日本人研究者を含むメンバー347人の共同受賞で、賞金300万ドルを等分するようです。

過去には、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生らが基礎物理学ブレイクスルー賞を共同受賞しました。2013年には、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授も生命科学のブレイクスルー賞を受賞しました。2017年には京都大理学研究科の生物科学専攻 森和俊教授が、異常タンパク質の集積を修復する仕組みを解明した研究で同賞を受賞しています。

数学の分野でのブレイクスルー賞の日本人受賞者はまだいません。世界的な自然科学賞が増えていくといいなと感じています。

あわせて読みたい