コロナパニックで「巨額の富を築いた人」たち、その知られざる正体 数千億円をポンっと寄付する男も…! - 現代ビジネス

ビル・アックマンが率いるパーシング・スクウェアは、約2700万ドル(約29億円)で購入したクレジット・デフォルト・スワップ (CDS)がマーケットの混乱で100倍近くの約26億ドル(約2800億円)にまで高騰し、ファンド全体でも3月に11%以上のリターンを上げて、年初来からのマイナスを打ち消しプラスにまで急回復しました。

タレブがアドバイスをしているヘッジファンド、ユニバーサ・インベストメンツは平時に極めて安価に取引されているアウトオブザマネーのプットオプション等を取得しておいて、これらの資産が危機時に急騰することで大きなリターンをあげることを目指しています。

実際にユニバーサは3月に36%ではなく36倍という途轍もないリターンをあげ、4月7日時点で年頭の資産を40倍以上に増やすという大成功をおさめました。

続きは、https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72189