シンガポール人のキャリアパス-シンガポールリアル起業ライフEnrich

シンガポールはグローバル都市といわれますが、特にインターナショナルスクール(インター)で両親同士交流しているとこのことを痛感します。我が家のように、夫婦2人とも同じ国(日本)の国籍を持ち、さらに子供も同じ国で生まれたというケースはほとんどありません。夫婦2人が別の国籍を有していることは一般的ですし、夫婦それぞれが複数の国籍を持ちながら、子供はさらに両親のどの国籍とも違う国で生まれたというケースも珍しくありません。

今回はこうしたグローバルなシンガポール人のキャリアパスを紹介したいと思います。インターに多様な国からの生徒が集まり、グローバルに羽ばたいていくのは当然ですが、シンガポールのローカル校の出身者もグローバルに活動しています。

シンガポールのローカル校出身者に話を聞くと、ローカル校の中でも進学校とされる学力レベルが高い学校では、8割近くが海外に留学するそうです。海外の中でも元宗主国である英国のオックスフォードやケンブリッジが人気で、それ以外の国では米国やオーストラリアが多いようです。必然的に、卒業後もグローバルに就職する同級生が多く、自然と世界中にネットワークが広がっていくようです。

続きは、https://www.enrich.jp/mind/sg/20150708-12834