不動産

Century Spire(センチュリー・スパイア)

spire
エリア フィリピン/マニラ/センチュリー・シティ地区
開発会社 Century Properties Group
総戸数/階数 60階
完成年月 2017年

Note

アルマーニがデザインを手掛けた世界初のレジデンスです。同じエリア内に、トランプ・タワーとセンチュリー・スパイア以外にも、ヴェルサーチがデザインを担当するザ・ミラノ・レジデンスや現在マニラで最高層であるグラマシーなど5つのタワーが建設される予定です。隣にショッピングモールも併設されます。センチュリー・スパイアの設計は 、ニューヨークのグラウンド・ゼロに建設されているワン・ワールド・トレードセンターなどを手掛ける世界的な建築家のダニエル・リベスキンドです。完成予定は2017年ですが、完成すれば圧倒的な注目を集めること間違いことなしのとても奇抜なデザインです。

Elements(エレメンツ)

elements
エリア フィリピン/マニラ/オルティガス地区
開発会社 Elements(エレメンツ)
総戸数/階数 469戸/28階
完成年月 2018年

Note

現地の中高所得者をテナントとして想定しており、500万円台からと少額で部屋の購入が可能です。商業ビルが立ち並ぶオルティガスの中心部に近い場所であることで 、賃貸付けもし易いと思われます。地上5階までが日常用のマーケットを含むテナントエリアになります。その他、特徴としては、共用部分にはLED、自動照明、屋外に太陽光パネルなどを 使用して節電、シンガポールの2~3倍とされる電力の価格低下を計っています。施設は、5階にプール、及び中層階と屋上はスカイガーデンとなる予定です。24時間ガードマン常駐。

Four Seasons Place KL(フォーシーズンズプレイス)

fourseasons
エリア マレーシア/クアラルンプール/KLCC公園
開発会社 Venus Assets
総戸数/階数 65階
完成年月 2017年

Note

クアラルンプールの象徴であるペトロナス・ツインタワーの隣に建設中のフォーシーズンズプレイスです。今世界で最も評価が高い高級ホテルチェーンであるフォーシーズンズ・ホテルがマネージメントするレジデンスであり 、フォーシーズンズ・ホテルが東南アジアで初めて建設した希少価値のある物件です。プール付きの居住者用のプライベートラウンジが330メートルのところにあり、素晴らしい眺めが期待できます。 物件価格は、40階にある約200㎡の3ベッドルームで約1.8億円ですが、米国のフォーシーズンズ・レジデンスは同じ広さで5~10億円しています。最高級のブランドの製品を結集させたインテリアに加えて、ファーシーズンズ・ホテ ルのコンシェルジュ・サービスが受けられ、さらにツインタワーを間近に望めるという、全ての面で誰もが認めるKLで最高級の物件です。

Banyan Tree Signatures Pavilion Kuala Lumpur(バンヤンツリー)

banyan
エリア マレーシア/クアラルンプール/KLCC公園
開発会社 Banyan Tree Holdings
総戸数/階数 441戸/55階
完成年月 2015年

Note

バンヤンツリー・レジデンスは、クアラルンプール (KL)最高級のショッピングモールであるパビリオンに併設した物件です。このレジデンスの住人はバンヤンツリーホテルのコンシェルジュサービスが受けられます。このホテルを運営しているバンヤンツリーホールディングスは、シンガポール証券取引所上場しており、カタールの政府系ファンドが大株主となっています。クアラルンプールが、イスラム金融のハブになりつつあり、中東のオイルマネーが期待でき、実際、パビリオンにもカタール資本が入っていることで、中東の富裕層も多く購入されているようです。このバンヤンツリー・レジデンスは、中東だけでなく中国など様々な地域の外国人の人気を集めており、60階建てのアパートが発売開始からすぐ完売しました。

The Horizon Residences(ホライズンレジデンス)

horizon
エリア マレーシア/クアラルンプール/KLCC地区
開発会社 Hap Seng Land Sdn Bhd
総戸数/階数 335戸/26階
完成年月 2016年

Note

ホライズンレジデンスは、クアラルンプールの金融特区に歩いて1-2分、ショッピングモールパビリオンから歩いて12-3分という好立地にある物件です。さらには 、ロイヤルゴルフクラブというクアラルンプールで一番の名門ゴルフ場に面しており、ゴルフ場ビューと金融街の夜景が望めることも魅力です。政府から金融特区の詳細が発表され、金融特区の目の前に建つというこ とで人気が急上昇しています。2016年末に完成予定ですが、2017年に第1フェーズが完成する金融特区のための社員寮としての需要も期待できます。ホライズンレジデンスは平米単価が40万円前後からとKLCCエリアの物件としては割安であることも魅力です。

Facebookもチェック