曲がり角 アジアのカジノリゾート後編 – ウルトラリッチのグローバルライフ Enrich

前回に、アジアのカジノ事情について紹介しましたが、今回と次回の2回にわたって、マニラのカジノ事情について紹介します。

大手の寡占化が進むマニラのカジノリゾート

前回のコラムで、習近平政権の反腐敗運動を受けて中国人のハイローラーの出足が鈍り、マカオはもちろんこれまで順調に成長してきたシンガポールでもカジノの売上が減少してきていることを紹介しました。

その中で年率20%近いハイペースでカジノ売上を伸ばしてきているのがマニラです。マニラには、このコラムでも何度か紹介したマレーシアのゲンティン社が運営するリゾート・ワールド・マニラ、オーストラリアのメルコ・クラウン社が運営するシティ・オブ・ドリームス・マニラ、地元フィリピンのブルームベリー・リゾート社が運営するソレイユ・リゾート・アンド・カジノという、3つの大きなカジノリゾートがあります。

2016年第3四半期(7~9月)のカジノ売上は、上記の3社の合計で前年同期比+19.8%と好調で、マニラには地場の中小のカジノが数十も存在し、それらも合わせたマニラ全体のカジノ売上が前年同期比+12.4%となっています。世界中のカジノで起きている現象ですが、中小のカジノフロアからグローバル大手の運営会社によるメガカジノリゾートに売上がシフトしている構図がマニラにも当てはまります。

続きは、https://www.enrich.jp/mind/ultrarich/20170308-25940
2021-22年に開業する期待のリゾート - ウルトラリッチのグローバルライフ ザ・ロンドン・リゾートというテーマパーク計画とは https://bit.ly/3yZptOs

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます