香港の高級不動産市況 – ウルトラリッチのグローバルライフ Enrich

前回は香港最大の富豪である李嘉誠(リ・カシン)の人生を通じて、香港という都市の発展についての概要を紹介してきました。今回は、李氏の最大のビジネスである不動産について、高級物件を中心に香港の動向を紹介します。

香港の不動産価格は、ここ20年大きく2つのサイクルがありました。最初のサイクルが1995~2003年で、このサイクルの前半の95~98年にかけて、1998年に香港が中国に復帰することを見据えて、中国本土からの流入者が増えたことに加えて、改革開放路線が奏功し中国本土の経済が急成長していることを見て、一旦香港から海外に移住していた人たちがUターンする動きも加速し、わずか3年で香港の不動産価格は平均して80%も上昇しました。

しかしこのサイクルの後半にかけて、1997年のタイ・インドネシアに端を発し、翌年にロシア、さらに99年にブラジルへと2年間にかけて世界を一周する形となった新興国通貨危機、さらには2001年のITバブル崩壊、2003年のSARS流行と悪材料が相次いで98年の初頭のピークの3分の1、95年の頭から見ても40%低い水準にまで下落しました。

2003年に底をつけた香港不動産は、中国本土の景気拡大による香港への投資拡大や新興国投資ブームによる海外投機資金の流入、さらにはリーマンショックの影響が中国本土では小さく、その後の景気刺激策で中国本土からの香港不動産への投資がさらに拡大したことを受けて、下記のグラフにあるようにここまで10年間ほぼ一本調子で上げています。2003年の底からの上げ幅は5倍近くに達しており、後述するように高級物件を中心に割高感が強まっていることから価格が調整するのではないかという懸念が高まっています。

続きは、https://www.enrich.jp/mind/ultrarich/20160122-18033
現代ビジネス「日本がどんどん『貧乏』になって、本当に困ってます!」外在住日本人を襲う「円安地獄」のヤバすぎる現実 https://bit.ly/3sdeMaK

新しい時代の富裕層メディア Enrich  多様な文明が交差するコルドバ・グラナダ https://bit.ly/37ZiLRo

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます