2019年IBの結果 シンガポール vs 香港 vs イギリス

2019年のIBDP(インターナショナルバカロレア)を採用している学校の点数の速報が出ています。今日は、シンガポール、香港、イギリスのトップ校の結果を紹介します。

シンガポールからは、23の学校から1,500名以上の生徒がIBDPを受けており、平均は34.48点です。香港は、IBDPを受講した生徒数は分かりませんが、平均は35.99点です。香港の方がシンガポールよりもIBDPの平均点が高いです。

香港は、34名の生徒が45点満点を獲得していて、満点を獲得した最年少は16歳の男子生徒です。個別の学校の成績はほとんど出ていませんが、こちらに満点の生徒たちのインタビュー記事が写真と共に掲載されています。

イギリスで早くからIBを採用したことで有名なSevenoacksは、 15名の生徒が満点を獲得し、15名が44点を、平均は39.3点です。女子校の2位であるUKのHeadington schoolは、36名の女子生徒のうち44点が3名、平均は37.2点です。

シンガポールでは、ファイザー/バイオンテック・モデルナの2つのmRNAベースワクチンを確保して、外国人を含めて急ピッチで接種しています。 Enrich 記事:シンガポールでワクチンを打ちました! https://bit.ly/3xDmkUW

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます