タイムズ世界大学ランキング2020年

世界で最も参考にされているタイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)による2020年の世界大学ランキングが発表されました。オックスフォード大学が4年連続1位で、カリフォルニア工科大学が2位、ケンブリッジ大学が3位で、以下10位までは例年通り米英の名門大学が占めています。

アジアの大学について10年前と今年のランキングを比べると、中国の清華大学58位→23位、北京大学37位→24位、シンガポール国立大学が34位→25位がランクアップしている一方で、香港大学21位→35位、東京大学26位→36位とランクを下げています。

THEのランキングは、教育の環境・研究・論文の引用・国際化・教員当たり産業収入などの要素から算出されますが、清華大学は教員当たり産業収入や研究、シンガポール国立大学は研究と海外留学生の数が高い評価につながっています。

東京大学は、留学生の少なさ、英語のみが対象の論文の引用数が低いことが、ランクダウンの原因のようです。

あわせて読みたい