英語多読にオススメな本  4歳〜8歳(幼児〜小学低学年)

イギリス系のインターナショナルスクールや私立校では5歳から沢山の本を読みます。学校では、生徒が読めなかった単語や読んでいて気になった点をノートに記載してくれます。自宅に持ち帰って親と一緒に読んで、親はノートにコメントを書きます。このようにして毎日本を読みます。

さらに学年が上がってくると、先生が本の内容について質問して生徒はそれに答えます。本のサマリーについて先生に話すこともします。

現在ロンドンに滞在しておりますが、ロンドンに何箇所かあるWaterstonesという本屋さんが大好きで、散歩をしていて見つけるといつも子供用の本を覗いています。値段もそれほど高くありません。

5歳〜8歳用の本棚を見ていて、すでにかなりのシリーズを読んだことあるのに気がつきました。幼児〜小学低学年の場合は、薄い本から読み始めるのが良いでしょう。写真に記載している3つのシリーズは、娘が喜んで読んでいました。シンガポールに住んでいたので、ラザダ(LAZADA)やBook Depository(送料込み)は使い購入していました。

  1. Oxford Reading Tree 
    Biff, Chip and Kipper シリーズが有名です。イギリス系の学校に通っている子なら一度は手にしたことがあるシリーズだと思います。4、5歳にPhonicsやFirst Storiesから読み始めて、気に入ったらレベルを上げていくといいと思います。うちの娘はTime Chroniclersシリーズが大好きで何度も読んでいました。

2. Usborne

この3シリーズはすべて読みました。

Usborne My First Reading Library 50 Book Collection
Usborne My Second Reading Library 50 Bookss
Usborne My Reading Library Classics 30 Books 

シンデレラ、ピノキオ、秘密の花園、アンネの日記など一通りの名作を読むことができます。ハードカバーで1冊ずつ購入したあとで、ソフトカバーのタイプでシリーズまとめて購入できることに気がつきました。

その後、シェイクスピアシリーズが読みたくなり、Hachette Childrens Booksから出ていたThe Shakespeare Stories (16 冊)をアマゾンUKで購入して読みました。シェイクスピアの子供向けの中では評価が高かったです。

3. Read it Yourself – Ladybird Education

Read It Yourself With Ladybird (Level 1〜4) 50冊 – 5歳〜7歳のシリーズを購入しました。Usborneの First/Second My Reading Libraryと同じく名作が多く、文章が簡単で読みやすいです。私はUsborneシリーズの方が好きですが、多読するならRead It Yourself With Ladybirdも合わせて読むとよいでしょう。

現代ビジネス「日本がどんどん『貧乏』になって、本当に困ってます!」外在住日本人を襲う「円安地獄」のヤバすぎる現実 https://bit.ly/3sdeMaK

新しい時代の富裕層メディア Enrich  多様な文明が交差するコルドバ・グラナダ https://bit.ly/37ZiLRo

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます