チェルトナムレディースカレッジ – Cheltenham Ladies’ College のオープンハウス

第2回は、ウィコムアービーと人気を二分するイギリス名門女子私立校のチェルトナムレディースカレッジです。11歳から18歳までの女子が美しい丘陵コッツウォルズで学びます。第1回ウィコムアビー 、第3回ブライトンカレッジ、第4回ヘディントン・スクール 、第5回セブンノークス も合わせてご覧ください。

以前イギリスへオープンハウスに行った時にも、ウィコムアービーとチェルトナムレディースカレッジほぼ同日同時刻にオープンハウスを行っていて、車で2時間ほどの距離にあるため参加が叶いませんでした。2校は今回も同じ時間にオンラインセッションを行いました。

チェルトナムレディースカレッジは、1854年に4人の父親が彼らの娘たちが男の子と同じように教育を受ける機会が必要と考え創立しました。様々な文化や背景を持つ国際的な学生が多数在籍していることが特徴です。

  • 丘陵地や森林地帯、川に隣接しているのでこれらの自然の中でフィールドワークをします。
  • 9年生では、キャンプ カヌー、自転車、セーリングまであらゆるスポーツを体験することが出来ます。また、地理学のフィールドワークではキャンプを行います。
  • 学校には帰属意識やコミュニティの一員であるという感覚があり、誰もが同じように学校の先生、施設やネットワークを利用できる機会を提供します。
  • 学校では素晴らしい美術の施設や面白いクリエイティブなプロジェクトが沢山あります。
  • 学校は、オープンマインドの考え方を大切にしていて、意見、視点、背景、文化的経験の多様性を持ちます。
  • COVID-19だけでなく直面しなければならない大きな課題が沢山あります。気候変動問題や世界的な問題の解決策を得るために国際的な協力を必要とすることがあるでしょう。思慮深く思いやりがあり好奇心旺盛な生徒たちの前向きな姿勢を後押しします。
  • ポジティブなマインドセットや行動を取るために粘り強さを必要としています。独立した女性の教育におけるエンパワーメントを体現するために一緒に成長していきます。
  • これはマララさんの写真ですが、彼女は大学に来て話をしてくれました。彼女はノーベル平和賞を受賞したばかりで、他人の権利のために戦っていました。自分の地域に戻って 女性や少女の権利や教育へのアクセスや 機会のために戦っています。
  • これからの世の中は既存の教育法が通用せず、ゲームチェンジャーとなるでしょう。これらの変化がどのようなものになるのか 正確には分かっていませんが、私たちがどのようにアプローチしていくかということを考えなくてはなりません。
  • ゲームチェンジャーにはコーディングも必要です。今後どのようなキャリアを選択するか、どのような大学を選択するか、コーディングを習うことで波及効果があるかもしれません。
  • 私たちの学校の成績を見てお分かりになるように素晴らしい生徒が集まっていますが、成績だけでなく生徒の人間性にも興味を持っていて、学業、夢や願望とのバランスを見つけることを目指しています。
  • 色々な活動を通じて自分自身を学び、学業の成果を補完するスキルを身につけていきます。ストレスや不安を感じる日もあるでしょう。どうやって人生のバランスをとるか コーディネーターと話すことが出来ます。
  • 毎週の時間割の中で、ウェルビーイングに焦点を当てた時間を確保しています。生徒は、金曜日の午後や土曜日の朝に利用しています。
  • 2008年2012年から国際バカロレアを始めました。これは、校長が始めた大学の価値観と本当によく共鳴しています。IBとは6つの学問科目を学ぶディプロマプログラムです。標準レベルの3つ、またはそれ以上のレベルの3つで、 数学、言語、科学を履修しなければなりません。
  • 言語 、美術・音楽・演劇、科学のいずれかを 選ぶことができます。生徒は知識の理論と呼ばれるものを通して、知識の本質について学びます。独立した研究論文を完成させなければなりませんが、これは大学への移行に向けての準備であり独立性を高めるものです。そして、創造的な思考力を養うために、様々な創造的な活動を行うことに積極的でなければなりません。
  • 哲学的探究の授業は、文系科目を一つにまとめて、異なる科目間のつながりを見られるようにするものです。7年生から9年生では、スペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語から選択します。9年生では、GCSEの内容のいくつかの授業を始めます。また、イタリア語も選択できるようになります。
  • 75%から80%の生徒が物理、科学、生物の3つの理科から選択し履修します。土曜日の午前中にはアクティビティやスポーツを行います。学校の行事がなければ、土曜日の午後は好きなことをして過ごします。
  • 文化祭や音楽祭のようなフェスティバルもあります。男子校であるウィンチェスターの生徒と一緒に科学シンポジウム、イベントやディベートに参加します。
現代ビジネス「日本がどんどん『貧乏』になって、本当に困ってます!」外在住日本人を襲う「円安地獄」のヤバすぎる現実 https://bit.ly/3sdeMaK

新しい時代の富裕層メディア Enrich  多様な文明が交差するコルドバ・グラナダ https://bit.ly/37ZiLRo

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます