カナダのボーディングスクール

カナダの大学進学を考えている人は、大半がカナダの大学に進学するボーディングスクールを検討すると良いです。カナダの大学は、各州が運営していて州により学費が違うのですが、おおよそ米国の大学の半額です。

英国のタイムズ社が発表した2020年の大学ランキングでは、カナダの大学は18位:トロント大、34位:ブリティッシュコロンビア大、42位:マギル大を筆頭に5つの大学が100位以内にランクインしています。(東大は36位、京大が65位)

英検2級レベルの男の子に対して、カナダのボーディングスクールのサポートをお手伝いしたことがありますので、その経験を踏まえてカナダのボーディングスクールについて紹介したいと思います。

まずは、カナダ人のボーディングスクール出身者へリサーチをして、8つのカナダの名門ボーディングスクールを選出しました。その後、高校1年生から新規受け入れを行なっている学校、入学試験のハードルが外国人にとって高くないか、アドミッションとメールでスムーズにやりとりが行えたかと言う観点から下記の4つのボーディングスクールに絞りました。

  • Bodwell High School(バンクーバー 空港から車で40分)1991年設立。95%は海外からの生徒で、日本人チューター在籍。日本語選択可。日本人比率10%、中国人多し。
  • St. Michaels University School(バンクーバー 空港からフェリーと車で3時間)1906年設立。海外からの生徒は15%で、スポーツに力を入れている。進学実績も良い。日本語選択可。ESLあり。
  • Columbia International College(ハミルトン空港から車で15分)1978年設立。カナダ最大のボーディングスクールを持つ。海外の生徒は95%、70ヶ国から生徒が集まる。カナダのTop8大学に6割の生徒が進学する。
  • Ridley College(ハミルトン空港から車で1時間)1889年設立。海外からの生徒は30%で、40ヶ国から生徒が集まる。大きく立派な建物。カナダアメリカへの進学実績良い。ESLあり

その男の子は、ESLが充実していること、OBに有名なスポーツ選手がいるので、最終的にSt. Michaels University Schoolに入学しました。上記のボーディングスクールはサマーキャンプ も行なっているので興味がある方は、短期プログラムに参加されると良いと思います。

ご参考までに、調査と視察アレンジ、入学書類のサポートを含め弊社では約5時間のサポートを行いました。カナダのボーディングスクールにご関心のある方はご連絡ください。

カナダのサマーキャンプや短期留学について は下記をご覧ください。