セブンノークス -Sevenoaksのオープンハウス

第5回目は、イギリスで早くからIBカリキュラムを採用し、IB平均点が常に上位のセブンノークスです。第1回目ウィコムアビー 、第2回チェルトナムレディースカレッジ、第3回ブライトンカレッジ、第4回ヘディントン・スクール も合わせてご覧ください。

セブンノークスは、国内のみならず留学生にも人気の共学私立校です。2020年の9月から新しいヘッドマスターが就任しますが、留学生へ配慮したプレゼンテーションが印象的でした。

セブンノークスの強みは、世界中から生徒が集まることで国際的な視点があること、IBの科目サービスでも取り入れられているようにボランティアと慈善活動が非常に盛んなことです。イギリスの中心地ロンドンへの利便性と学校からのサポートで生徒は、実践的なプロジェクトに取り組むことができます。

  • 新しいヘッドマスターから: 私の祖父と祖母がリバプール出身、私は、アメリカのミシガン州のデトロイトで生まれ、そこの五大湖の農場で育ちました。ハーバードの学部生になり、その後、奨学金をもらいオックスフォードの大学に通いました。10代の頃から教師になりたいと思っていたので、20年間イギリス中で教えてきました。主にロンドンで教えていましたが、過去にもIBディプロマを採用している学校でIBを導入するコーディネーターをしていました。
  • セブンノークスの良いところは、イギリスの私立校ですが非常に国際的な視点を持っているところです。40年以上もIBディプロマを教えていますが、IBディプロマは素晴らしいブランドを持っていて、どの政府からも規制されていない、自己流で国際的なカリキュラムです。素晴らしい思考力のある人材を生み出しています。
  • 40カ国以上からの留学生が在籍しています。世界中から集まった人たちが異なる背景を持ちます。これにより、生徒たちはイギリスでのグレートブリティッシュ教育を体験することができることに加え、国際的な視野とグローバルな考え方を持つことができます。世界有数の大都市であるロンドンへのアクセスも便利です。
  • イギリスの他の学校がこの点で追いつきつつあると言ってもいいと思いますが、学生がボランティア活動をしたり、慈善活動に参加し始めた1960年代以来、セブンオークスは非常に長い間、この分野の最前線にいます。
  • サービスはIBディプロマのカリキュラムの一部ですが、私たちは地元の小学校との多数の繋がりを持っています。学生たちは地域社会に何かを還元し、さらに広く国際的な慈善団体との関わりや任意の学生組合を開催しています。
  • セブンノークスの創設者であるウィリアム・セブノークは、元々孤児で、7歳の時に路上で発見され、ロンドンで大成功を収めるまでに成長しましたが、彼は常に謙虚な初心を忘れず、他人に寛大でした。彼は慈善活動に熱心で、セブンスノークには財団があります。
  • マレーシアからの留学女子生徒から:宿題の合間に図書館でパズルをしたり、寮でのイベントやロンドンへの外出をしました。私の一番の思い出の多くは、何十人もの誕生日を一緒にお祝いしたことです。課題やコースワークを助け合ったり、ハウススタッフのサポートを受けながら、シックスフォームを体験したり、友達と色々なことをしたことでこの数年間は間違いなく私が想像していた以上に豊かで楽しいものになったと思います。課外活動をしたり、クラリネットを一から習ったり、テニスを始めたり興味のあることを続けたりと、新しいことに挑戦することができました。
  • 続き:私が取り組んだイニシアチブのいくつかには、専門家を集めた気候変動対策の夕べの最初のスピーカーイベント、難民教育を支援するために対応するチャリティーテニストーナメントやムネスティ英国を支援するための活動が含まれています。気候行動について国会議員にロビー活動をする機会を得て、ある団体が議会で最初のユーザーソン法案を立ち上げるのを助け、英国の政治システムについて直接学ぶことができたのは幸運でした。セブンノークスでの奉仕活動を通して、私は最高の経験をし、多くの思い出を作ることができました。
  • 続き:もう一つ、私が本当に楽しかったことは、IBプログラムの中で、幅広い科目の中から自由に選択し、創造性を発揮することができたことです。私は新しいアイデアを探求するのが大好きで、哲学とスペイン語を取りました。政策と経済学、世代間の正義と哲学について読み、気候変動モデルと数学を分析します。
  • 続き:英国と米国の両方の大学に興味がありました。学校は、入学相談会の機会を提供してくれたり、何度もエッセイを書きながらアドバイスしてくれたりしました。今年の9月にはスタンフォード大学に進学し、地球システムと公共政策を研究する予定です。
  • イギリスの男子生徒から: Year7年生の時にスポーツ奨学金プログラムの一環として学校に入りました。僕は、スポーツが大好きで様々なスポーツをしていました。その中でも特に力を入れたいのはラグビーとクリケットです 。ラグビーはいくつかの素晴らしい経験をしましたが、特に印象に残っているのは香港とオーストラリアへのツアーです。1試合しか勝てなかったと思いますが、それは素晴らしい旅の思い出でした。
  • 続き:ツアーではあまり良いプレーはできませんでしたが、グループとしては素晴らしい成功を収めてきました。キャットセブンズでは2年連続で優勝しました。コーチが写真のプレースマットを配ってくれたり、チームディナーをしてくれたりして、私たちの不敗のシーズン、そして11年目をお祝いしました。
  • 続き:スポーツメンターがいて、一緒に座って目標を設定し、目標達成に向けて努力する私をサポートしてくれました。ロンドン、イーストイングランド代表として プレーしました。コーチも先生も理解があり、スポーツと勉強の両立に柔軟に対応してくれます。この関係が、スポーツの場でも、教室でも、生徒たちの成長を可能にしています。
  • 続き:私のIB科目はハイレベルのIB科目、経済、地理、英語です。これらの科目を選んだ時、経済学と地理学にとても興味がありました。授業での議論で、これらの分野への興味が深まりました。それを次のレベルに引き上げたいと思い、ケンブリッジで土地経済学のオファーを受けました。
  • 続き:去年、私は地理カナダチームの一員でした。カレンダーを制作し、カレンダーを販売しました。そして、その売り上げから得た収益は、エデュケーション・フォー・オールという慈善団体に寄付されました。モロッコの農村部の女の子の教育資金を援助しています。私は自分の居心地の良い場所から一歩踏み出して、カレンダーをいくらで売るかを考えたり、親や子供向けの販売方法を考えたりしました。
  • 夕飯後は少し自由時間がありますが、予習タイムが19時頃から始まり年齢に応じて20時半から21時まであります。監督されたスペースで宿題を終わらせることができますが、年齢が上がると、自分の部屋や図書館で作業します。宿題の後は少し自由時間があり、ジムや他の部屋を訪問することが許されています。
  • 週末には、ハリーポッターのスタジオ、テーマパークへの訪問、パズルの活動などを行いました。日曜日の朝の強制的な活動はなく自分たちがやりたいことができます。セブンノークスの街には、映画館があるしコーヒーショップに行ったり、友達と遊んだり好きなことをします。
  • 寮生も毎週末、許可を得ていれば自宅に帰ることも友達と出かけることもできます。イタリアからの留学生も多く、ベルギー、オランダ、フランス、スペイン、ブルガリアなどの東欧諸国からの留学生も増えています。
  • Year7とYear9の入試について、入学の基準として「人柄」が挙げられています。親切、協調性のある人、お互いをサポートし合えるような生徒を探しています。それは、学校からのレポートや推薦状から得られます。40分のグループインタビュー(6人の生徒と2人の先生)にも参加してもらいます。保護者の方には、生徒のスポーツや演劇などの興味や熱意を記入してもらいます。
  • 英語と数学のテストは全員が行いますし、ウェブサイトには過去問題集も掲載されています。言語推論のテストもあります。出願窓口は現在オープンしており、ウェブサイトからオンラインで出願することができます。締め切りは今年の9月1日になります。毎年70~80人の新入生を受け入れています。Year9以上は60%が通学生、40%が寮生です。また学校の70%はイギリス人です。
  • 10月中旬には試験がありますが、この試験は低学年向けの試験とは少し異なり、全員が数学と英語の試験を受けます。また、理科の適性試験では、自分で選択した2つの理科についてのセクションがあります。
  • 非常に典型的な年で、ほぼ350〜400人の生徒が入学試験を受け、100人が合格します。将来的には全寮制の学生にも奨学金を提供できるようになるかもしれませんが、まだ財政的にはそんな状況ではないので、学校に申請をした後にその仕組みを説明します。奨学金に合格した場合は、入学金を返金することができます。
  • イギリスとアメリカのトップ20の大学に学生を送りますが、アメリカよりもイギリスの大学が多いです。そして、ザンクトガレンやミラノのアコーディオン、香港大学など世界中の大学に行く生徒もいます。
  • またドラマ、音楽、芸術、スポーツなどのコ・カリキュラム的な面でも奨学金を提供しています。また、学業奨学金も提供しています。これらの奨学金は一日の授業料の10%程度ですが、支援が必要で、そうでなければ子供を学校に通わせることができないご家庭のために、奨学金やその他の支援も行っています。
  • 誰でも音楽奨学金を受けられます。13プラス以降は音楽、ドラマ・アート、スポーツの奨学金もあります。奨学金は1000ポンドの価値しかないですが、入学時に病気になった人にも10%、最大50%まで補助がありますが、平均テストを受ける必要があります。
  • ニードベースでの奨学金:入学試験を通過し、30%〜50%のディスカウントを得ることができます。国際パスポートを持っていても,何らかの理由でイギリスに住んでいる場合には,奨学金を受けることができます。