シンガポールのサマーキャンプ 2020年

シンガポールのサマーキャンプの特徴として手軽さがあげられます。期間は1週間~、費用は5万円/週~、3歳~と幅広いニーズに応じたプログラムが用意されています。代表的なものを紹介すると、

  • スタムフォード・アメリカン・スクールのCamp Asiaが提供しているマルチスポーツ、中国語、プログラミング、クッキングなど様々なテーマをカバーしたキャンプ
  • GEMS World Academが提供しているSTEMや起業を中心としたコース
  • カナディアン・インターナショナル・スクールが提供しているクラフトやミュージカル、アートなど創造性を重視したコース

シンガポールの隣の街ジョホール・バルのマルボロ・カレッジは大人と子供むけの英語のサマーキャンプを提供していて、価格も3-4万円/週とシンガポールの半額ほどです。お子さんがサマーキャンプに通っている間に親も一緒に英語を学べます。他にジョホール・バルでは、Raffles American schoolやExcelsior international schoolもサマーキャンプを行なっています。

また、日本で体験できないことをしたいと思っている方は、バリ島のGreen Campもオススメです。竹で作った校舎が有名なグリーンスクール(Green school)が提供しているエコに特化したキャンプです。泊まり/通いの選択が出来ます。

いかだを作って川下りをしたり、チョコレート作ったり、泥ん子レスリングをしたりと以前参加した娘も楽しんでいました。

海外のサマーキャンプに関心がある方は、日本人の参加率も比較的高いシンガポールのプログラムに初回参加して子供が適用できそうか見てみるのもよいと思います。