シンガポールの習い事 スポーツ

シンガポールと日本で富裕層向けにファミリーオフィスを運営しています。シンガポールに住んで8年、娘と息子がいます。

シンガポールのスポーツ系の習い事について解説します。シンガポールには大きく、ローカル、駐在系、日系の3つの習い事があります。

スイミングですと、APSやSwimfastのローカル系のスイムチームに属するか、アメリカン/ブリッシュ/ホーランズなどクラブ併設のスイミングレッスンに通うか、YMCAの日系スイミングレッスンに通うかになると思います。

各インターナショナルスクールにスイミングチームがあり、早い子はそこに属して大会に出る子も多いです。

サッカーは、アルビレックス新潟が日系のサッカースクールをやっています。シンガポールにはローカル、駐在系向けのチームも多くあり、The Groundstand( 旧 Turfcity)では平日も週末もサッカー、ラグビー、ネットボールと沢山のチームが練習をしています。

娘は3歳から沢山のスポーツの習い事をしてきました。スイミングは学校のトレーニングに加え、(APS/Swimfast)に通いました。Swimfastは週6日のうち何日でも通うことができます(今はコロナで人数制限があるので3日以内)。日本人は1−2名います。

シンガポールでは、SSPAと呼ばれるスイミングのタイムトライアルが頻繁に行われていて、そこで作ったタイムが年齢別の規程タイムを上回ると大きな大会に参加できます。

他にはANZAが主催しているNetballやNippersも参加しています。Netball(ネットボール)はイギリスのインターナショナルスクールの体育で行われています。Tanglin Trustの体育館を使用して行っているので、タングリンの女生徒が多くいます。

毎週一人、先生の指示通りにちゃんとプレーを行えた生徒が一人選ばれて、Player of the week盾を持ち帰ります。

Nippersは日曜日の朝Sentosaで行われていて、ビーチを走ったり、海で泳いだり、ライフガードのやり方を学びます。学年別に分かれていて、15歳以上は遠泳&マラソンをしていました。

日系の習い事として、ソフトボールに入ってます。シンガポールには日系ソフトボールチームが7チームあります。

毎週3時間の練習で、保護者がボランティアでコーチを行います。最近はローカル小学校のソフトボールチームに入っている子も多く入部して、日本人とシンガポール人が混じって練習に励んでいます。