贅沢を知る人たちが送る別荘ライフ・食編~その並々ならぬこだわりが、超富裕層のスタイル – リゾートSTYLE

今回のテーマは、「食」のトレンド。前回、グローバルの超富裕層がどのように別荘の立地を選び、どのような物件が人気となっているのかについてレポートしました。今回は超富裕層たちがこうした別荘でどのような生活を送っているのか、「食」に焦点を当ててご紹介します。

そこでしか食べられないものを求める

高いクオリティの別荘ライフを過ごすうえで、食は最も大切な要素です。近年はその土地でしか食べられないユニークな料理を重視する傾向が強まっています。

日本でも高級すし店や、「一風堂」「一蘭」といった著名なラーメンチェーンが海外に進出して人気になっていると報じられています。また日本に限らず、世界の有名なレストランはこぞって海外に積極的に進出しています。ニューヨークやロンドン、香港、シンガポール、東京といったグローバル都市では、フレンチ、イタリアン、和食といったメジャーな料理であれば、どこでも最高レベルの料理が楽しめる時代です。
だからこそ、別荘ライフを過ごす超富裕層たちは、どこでも食べられる最高レベルの料理だけでは物足りず、その土地でしか食べられないユニークな食材や料理法が求めるようになっています。

「食」でも注目を集めているリゾート オーストラリア・ニュージーランド

投資永住権が取得しやすいオーストラリアやニュージーランドは、私のお客さまも何名か移住を検討しているほど人気が高い国です。食の面では、放牧スタイルによる高品質の乳製品や肉がたくさん作られていることに加えて、海産物にも恵まれ、さらに近年ではワインのレベルも上がっているため、注目されています。

私はオーストラリアではシドニーやサンシャインコースト、ニュージーランドではオークランドやワイヘキ島、ネルソンといった場所を良く訪れます。例えばオセアニアで広く食べられる生ガキ一つをとってみても、各地で風味やサイズが異なって、日本のカニのように産地ごとに多様な楽しみ方ができます。それぞれの特徴にどのようなワインがあうのか、色々試すだけでも様々な組み合わせが考えられて、何度も訪問する際の楽しみとなっています。続きはhttps://style.tokyu-resort.co.jp/overseas-richlife-02よりご覧ください。

現代ビジネス「日本がどんどん『貧乏』になって、本当に困ってます!」外在住日本人を襲う「円安地獄」のヤバすぎる現実 https://bit.ly/3sdeMaK

新しい時代の富裕層メディア Enrich  多様な文明が交差するコルドバ・グラナダ https://bit.ly/37ZiLRo

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます