富裕層たちの海外移住事情 –リゾートSTYLE

グローバルの超富裕層たちがどのような別荘やホテルライフを送っているのかという、主にリゾートに焦点を当ててきましたが、今回は海外移住事情についてご紹介します。

移住地としても根強いハワイの人気

海外移住について調査をしているロングステイ財団によると、2017年まで12年連続で海外移住地として人気ナンバーワンとなっているのがマレーシアです。10年間滞在ができるMM2Hビザが50歳以上の人であれば1,000万円弱の投資で取得できるお手軽さが人気ですが、滞在先での生活レベルやソーシャルイベントの少なさから、超富裕層の移住先として選ばれることはまずありません。同調査で7年連続2位となっているタイも同様です。

この調査の3位にも入ってきていますが、海外の別荘を取得する場として1番人気であるハワイは、引退後に移住をする場所としても超富裕層に高い人気を誇っています。別荘地の取得と異なるのが、移住先としては超富裕層にはオアフ島以上に、ハワイ島やマウイ島などの離島の評価が高いことです。
ハワイ島にはフォーシーズンズ、マウイ島にはリッツカールトンと、グローバルの超富裕層からの強い支持がある5つ星リゾートホテルがあり、ホテルのサービスが受けられるヴィラ(一軒家)タイプのレジデンスも用意されていて、超富裕層の移住先として人気となっています。ハワイ島のフォーシーズンズは以前は鹿島建設により所有されており、マウイ島のリッツカールトンのゴルフコースは現在ユニクロの柳井社長により所有されていることからも、両リゾートが日本人リッチたちにも人気であることが分かります。続きはhttps://style.tokyu-resort.co.jp/overseas-richlife-05をご覧ください。

進化するアマゾンのリアル店舗 - ウルトラリッチのグローバルライフ 進化するロンドンの小売りシーン https://bit.ly/3nlqwGb

ほぼノーマスク」のイギリス、コロナ禍なのに「経済」も「生活」も“大復活”していた…!コロナ前と変わらない「イギリスの日常」 https://bit.ly/3ChgAkZ

Pan asia AdvisorsのSNS フォローお願いします
FB :   https://www.facebook.com/PanAsiaAdvisors/
Twitter :   https://twitter.com/panadvisors
Instagram :   https://www.instagram.com/panasiaadvisors
LINE :   QRcode-ブログが更新されるとメッセージが届きます